6、さあ食べましょう。イタリア人は食べ方も美味しい

さあ、お待たせしました。やっと食べる時間がやってきました。

学生の時に「テーブルマナー」とかってやりました?

イタリアンの場合、そこまで堅苦しい形式みたいな物は無いですが、そこは文化の違いで、日本人にはわからない事もあると思います。

お皿を持ち上げて食べないとか、口に食事を運ぶ時に手を添えないとか、人が食べている物をもらわないとか、大皿や鍋をみんなで突かない(家庭では、基本的に“マンマ”が取り分けてくれる)とか、食べきれなかった物を平気で残すとか…数え上げるとキリが無いくらい文化の違いがあります。

私も留学中、現地のイタリア人の友達にビックリされたり、ビックリしたりしたものでした。

今回は、そんなマナーの事は置いておいて、シンプルに食べ方の問題です。

皆さんもご存知の様に、スパゲティはフォークで食べますよね。普通に。

意外とイタリアでフォークで食べる様になったのは中世位の時代で、その前までは手掴みで食べていたみたいです。

古いナポリの絵で、スパゲティを手で掴み、顔の上に持っていって、大口を開けて食べているのを見た事がある人もいるかと思います。

その昔、他所の国の王様を招待し、スパゲティを振る舞おうと思った時に(元々、パスタは庶民の食べ物だったんですが、時のナポリ国王がもてなしたかった様です)、流石に手掴みはまずいということになり、急遽開発されたのが今ある4本のフォークです(それまではミートフォークの様な2本のフォークだった様です)。

4本のフォークだと今の様に巻いて食べる事が出来ます。

でも、イタリア人曰く、フォークで上手に巻いてスパゲティを食べられるのは、世界でイタリア人日本人ぐらいだそうです。

最近では(最近でも無いか)、スプーンを使って上手に巻く人もいますが、「あれは不器用なアメリカ人が考えたのだろう」と友人のイタリア人が言っていました。

実際、イタリアのレストランでは、パスタを食べる時にスプーンは出てこないですよ(今はアメリカ人観光客が多いので、もしかしたら出ているかも?)。

浜松町でお店をしていた時に、アフリカのお客さんが来た事がありました。パスタを注文されたのでお出ししたのですが、そのお客さん、ナイフを頼まれました。どうするのか見ていますと、上手く巻いて食べられないので、ナイフで細かく切ってフォークですくって食べていました。

私達からすると明かに食べ難いでしょうが、彼からするとその方が食べやすかったのでしょう。

滞在中、毎日の様に来てくださったので、それでも気に入ってくれていた様です。

さて、日本のパスタ屋さん(レストランの様にお高い所では無いお店)などでは、お箸も出てくる所が多いと思いますが、ちょっと待ってください。

日本人なので、箸で食べる方が食べやすいと思いますが、

スパゲティは巻いて食べるからこそ美味しいんです。

イタリア人は上手に巻いて、一口で食べられる大きさにします。

スパゲティを、ソースと絡めて一口の大きさにして、口に運び、モグモグと噛むと、アルデンテのコシから来る小麦粉の甘味と、ソースやチーズが絡まって一つの料理が完成します。

すすって食べてしまうと、折角のソースが唇でこそぎ取られてしまい、味気ないどころか、口の周りまで汚れてしまいます。

言ってみれば、握り寿司をネタとシャリを別々に食べる様なものです。それはそれで美味しいかもしれないですが、作っている側から見ると残念な感じですし、美味しさも半減ですよね。

蕎麦やうどんやラーメンなどは、空気と一緒に「ズズッ」とすする事で、香りが鼻に抜けて美味しく味わえると言います。液体の出汁やスープも程よく口に含めて、楽しめます。

欧米人が、上手くすする事が出来なくて、口に含んで「アムアム」としているのを見ると、残念な感じがしますよね。

色々な料理には、伝統的に美味しく食べられる方法があります。前述の様に難しかったりする場合はしょうがないとしても、その通り食べた方が楽しめると思いますよ(ただ、パスタ以外の料理は箸でもいけるかな?)。

ここで、チョットだけアドバイス。

たまに巻いていて、巨大なスパゲティの団子を作っている人がいますが(ウチの末っ子がそうです)、フォークの端っこで3〜4本引っ掛けて、お皿の端っこでクルクルっと巻くと、一口大くらいに巻けますよ。

後、パスタを食べ終わった時に、綺麗にソースが無くなるのが理想です。

これは作る側も、食べる側も意識したいですね。

ま、ウンチクをツラツラと書いてきましたが、ようするに、楽しく美味しく作って食べましょうね。

説明の足りなかった所は、今後補足していきますので、お楽しみに。

冷凍Pizzaを美味しく焼く方法

“6、さあ食べましょう。イタリア人は食べ方も美味しい” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA